安楽川小学校

学校沿革史の概要

明治   6年
8年

9年
11年
20年
24年



29年

37年

大正   2年
15年
昭和   7年
16年
22年
30年
33年
39年
40年
43年
47年
49年
54年
60年
平成   6年
9年
12年
13年
14年
16年

17年


18年
19年
20年

22年
      22年
23年




      24年


      25年


26年



27年


28年

29年
30年

  区学校を加和に設け、加和小学校と称す
  加和小学校、段小学校、段新田小学校
  市場小学校を開校
  最上小学校、神田小学校を開校
  市場小学校を荒川小学校と改称
  荒川小学校を荒川尋常小学校と改称
  新築校舎落成式を挙行、
  安楽川第一尋常小学校と改称
  最上・神田両小学校を合併、
  安楽川第二尋常小学校と称す
  安楽川第1尋常小学校と安楽川高等小学校を
  合併、安楽川尋常高等小学校と称す
  安楽川尋常高等小学校と安楽川第二尋常小学校
  を廃校、新たに安楽川尋常高等小学校を設置
  初めて修学旅行実施
  初めて運動会実施
  校章制定
  安楽川国民学校と改称
  安楽川村立安楽川小学校と改称
  校舎改築第一期工事(鉄筋)落成
  校歌制定(作詞:竹中一雄 作曲:北原雄一)
  創立60周年記念式典
  プール竣工式
  完全給食開始
  制服制定
  創立70周年記念式典 校歌碑設置
  屋内運動場完成
  給食優良校として県教育委員会より表彰を受ける
  プール竣工式
  文部省指定交流教育地域推進事業の指定を受ける
  視聴覚室をパソコン教室に改修
  パソコン教室に児童用パソコン20台増設
  校門改修
  百周年記念式典、モニュメント除幕式
  タイムカプセル設置
  文部科学省「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」
  として研究推進校の指定を受ける
  紀の川市立安楽川小学校と改称
  文部科学省指定道徳教育研究発表会
  校舎建設検討委員会の設置
  桃山小学校を統合 
  校舎改築工事開始
  第29代校長 土岐明輝氏 着任
  新校舎改築竣工式(11月1日)
  文部科学省「確かな学力の向上に係る実践的調査研
  究」における新学習指導要領の趣旨を踏まえた学力
  向上等の方策に関する調査研究、並びに和歌山県教
  育委員会「学力向上推進校事業」の研究推進校の指
  定を受ける。研究報告会を開催。
  和歌山県教育委員会「学力向上推進校 事業」、並び
  に紀の川市教育委員会「きのかわ学力向上研究事業」
  の指定を受ける。第1回自主研究発表会を開催。
  和歌山県教育委員会「学力向上推進校事業」、並び
  に紀の川市教育委員会「瞳きらめく学校推進事業」
  の指定を受ける。第2回自主研究発表会を開催。
  自校給食が終了
  河南学校給食センターによる給食が始まる
  体育館耐震工事終了
  第3回自主研究発表会を開催。
  和歌山県教育委員会「学力向上推進校事業」、並び
  に紀の川市教育委員会「瞳きらめく学校推進事業」
  の指定を受ける。第4回自主研究発表会を開催。
  第30代校長 西口 正純 着任。
  第5回自主研究発表会を開催。
  学校運営協議会を設置。
  第31代校長 寺本 達也 着任。